Home

同僚に出し抜かれない 今からでもできるTOEIC勉強対策

パールを詳しく知る

パール(Pearl)とは貝から採れる宝石の一種で、6月の誕生石としても有名で、

説明するまでもありませんが日本では真珠(しんじゅ)と表現される場合が多いです。

このパールは貝の体内で生成される鉱物で、生体鉱物(バイオミネラル)と呼ばれています。

 

貝殻成分を分泌する外套膜が、貝の体内に入ることで天然真珠が生成されるため、

成分は貝殻と全く同じになり、貝殻を作る軟体動物であれば真珠を生成する可能性があります。

 

パールは「月のしずく」「人魚の涙」などと呼ばれ、世界各地で古くから宝石として珍重されており、

その希少性から薬としての効能を期待し服用される例が多々あったとされています。

(日本では現在でも風邪薬として販売されています。)

 

パールの生成過程については、小石や寄生虫といった異物が貝の体内に侵入する際、

外套膜が一緒に入り込みパールが生成されるという説が一般的でしたが、今ではこの説は誤りだと言われています。

 

外套膜は細胞分裂して袋状になり、パールを生成するのに必要な真珠袋というものを作ります。

 

この真珠袋の中でカルシウムの結晶や有機質層が交互に積層した結果、真珠層が形成され真珠が作られ、

有機質の薄層と霰石の薄層が干渉色を生み出すことで真珠特有の虹色が生じているのです。

パワーストーンって

古来より、天然石には願いや願望を叶えてくれる力があるとされてきました。

そうした天然石のことを、最近では「パワーストーン」と呼ぶようになっています。

実は、宝石もパワーストーンの一種です。

 

紀元前の昔から、王侯貴族達は天然石を身に付けてきましたが、それは美しい装飾品としてだけが理由ではありません。

不思議な力があり、自分達を守ってくれる存在であることを知っていたからです。

世界中の古代神殿やパワースポットと呼ばれる場所に行ってみて下さい。

天然石や岩などが祈りの対象物や御神体になっているケースが多いのです。

それは何故なのでしょうか?

 

天然石や岩が「人の願いを叶える媒介物」になると考えられているからです。

天然石や岩には特定の波動があります。

波動は形・色・種類によって異なるのですが、人々の想念と同調してより大きな波動となります。

そして、目に見えぬ世界に向けて、何か力を発信していると考えられているのです。

 

実際、ラジオなどの電波同調器として、水晶(クリスタル・クォーツ)が使われていたりしますよ。

古代インドや古代中国では、天然石が健康のためにも使われていました。

昔から、人々に何らかのパワーを与えていたようですね。

TOEIC直前対策

TOEICテストまで、あと数日…!試験直前にやっておくべき対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

新トーイックの勉強術によれば、試験一週間前になったら、耳を英語に慣れさせるよう、ウォークマンやiPodなどで、できるだけリスニングの時間を沢山取るようにします。

そして、新しいことに手を出すのではなく、復習をするようにします。

また、TOEICテストで良いスコアを取るためには、多くの単語、熟語、英文法を理解していること、高いリスニング力があるということが必要ですが、それだけではなく、短時間で問題を解き、選択肢をマークするというテクニックを持つことが重要です。

どんなに高い英語力があったとしても、TOEICテストの特徴でもある200問という非常に多い問題を決められた時間内に解くことが出来なければ、全く意味がありません。

その為、TOEICテストの直前には、本番と同型式の「模擬試験」を行った方が確実にスコアアップに繋がると言います。

ポイントは、しっかりと2時間を計測し、集中して問題を解いてみるということです。

模擬試験では、当日の時間配分の確認や、TOEICテストの傾向の再確認ができます。

また、事前にTOEICテストの形式に慣れることで、試験当日に慌てることなく、リラックスして試験を受けることができるでしょう。

Return to page top